子供の絵
 3才になる娘が最近よく絵を描いてくれる。 はじめは「ママ」その次は「じいじ」ついで「ばあば」といった具合で結局家族全員を一枚の紙に描いてしまうんですが、同じように見えて微妙にそれぞれ特徴をつかんでいるのが見ていておもしろい。あの不安定な線がなんともいえずいいものです。
 僕の絵を見たって人がたまに「ヤマモトダイゴさんて何歳ぐらいのおじいちゃん?」っていう風な会話を何度か耳にしたことがあります。たしかにおじいちゃんの線も不安定です。
 今、アトリエには保育園から届いた30枚程の絵があります。自分の顔をパネルいっぱいに描いたもので、どれも個性のかたまりです。これからそれらに額縁を作っていきます。それぞれの顔はそれぞれのお家でどんな時を過ごしていくのか楽しみです。


f0124219_18463774.jpg

[PR]
by flipo | 2007-01-04 18:48 | 人物の絵
<< 野菜について あけましておめでとうございます。 >>