20年前のはなし
 高知県は横にとても長く僕の生まれたところは西の端にある緑の濃い田舎。
そして夏になるとみんなが川に集まって来て遊ぶのでとても賑やかだった。川底の石をはぐっては川エビやウナギを捕まえたものだ。田舎で育った少年達は自然から様々な事を学び成長していくはずである。
 けれどもそんな大切な自然さえも壊してしまう人がいるのも事実なのだ。中学生になった時、その川にダムが造られあまりにあっけなくその姿は変わってしまった。川底が砂だらけで生き物が住めないのだ。自然とは自然にあるからいいのです。それ以来その川に行くのをやめた。


f0124219_1958365.jpg

[PR]
by flipo | 2008-07-17 19:59 | 動物の絵
<< 旅の仕方 ぼくもおじさん? >>